補完とATフィールド














補完


アダム・カドモン

万物の最初にあったとされる原初の海。カオス(混沌)の海。

いわば、生命のスープ、LCLの海。

※ちなみに、カオス(混沌)の反対はカノン(律、法則)。


原罪

聖書の創世紀において、最初の女性エヴァ(イブ)が、蛇(=サタンとも堕天使ルキフェルとも言われている)にそそのかされて、神から食べてはいけないと言われていたエデンの園の中心に生えている知恵の実(いちじくと言われている)を食べたことによって知恵を獲得し、善悪を知るものとなり、異性を意識しだした罪。

アダムとエヴァは、神から与えられた罰として、生殖(快楽)と妊娠(苦しみ)によって種の保存をするようになった。

つまり、人間は死すべき生命体になった。(不死ではなくなった)

土から創造されたアダムは、土に還るべき(つまり死すべき)存在になったとも書かれている。

エデンでは、本来生命は不死であったのだろう。

アダムとエヴァは皮の衣を着せられて(つまり実体化して)エデンの園を追放された。(これを失楽園)

最初の人間アダムとエヴァがエデンの園にある知恵の実を食べた罪によって、人間の苦しみは始まった。

※ネルフのマークに使われている葉は、知恵の実とされるいちじくの葉である。





血と塩の結晶の海そしてL・C・L

 血の海は、エデンを表わし、ここに住むということは、魂が溶け込むことを意味する。

そこでは、お互いの壁はなく、いさかいもなく、一つになった魂がいつまでも生きていられる状態なのだろう。

皮の衣を着せられ(=肉体を持つことによって)楽園追放された後のように、お互いの生命を喰うことで生きることも、生殖活動によって種の保存をすることも、それによって引き起こされる憎しみや戦争のない世界なのだろう。

これは、南極のような赤い海エデン=アダム・カドモン=原初の赤い海=生命のスープであり、つまり「原罪の汚れ無き世界」である。

ここに生命体がつかると還元される。しかし、人類は、「科学の力で守られてその上に立つことができる。」

一方、赤い血を持つリリスは、ターミナルドグマにいる。ここは、LCLプラントでもある。

 リリスから出る血を薄めたオレンジ色のものがLCLなのだろう。

たぶん、肉体が還元しない程度に薄める必要があるのだろう。

これは、リリス系の生物にとっては、原初の水(羊水)であり、A10神経(知恵の木)を介して母親とのシンクロを高める。

 補完の形態として、この赤や紫の血の海に魂が溶け込む状態が関連しているのだろう。つまり、シンクロと補完とは、ある面で同義ともいえる。


●シンクロ率400%でLCLに溶け込んだ生命のスープの状態のような状態。つまり、かってリリンとエヴァが融合したときのような魂が一つになった状態。故に、このときのエヴァは、類人猿のようになる。

●そして、このように高シンクロして、魂がアダム・カドモン(エデン)に回帰している状態のほうが人類にとっても幸せなのだろう。

●LCL内のクローンのレイたちは笑う(しかし、外にいるレイは、笑わない。)

LCL内もエデンの様なところである。物質界に出ると苦しみ、怒り、悲しみをともなう。

●ディラックの海にいるシンジのシーン「碇君、私と一つにならない?」「心も体も一つにならない」「一つになることはとても気持ちのいいことなの…」

●自爆直前のレイの言葉「碇君と一つになりたい。」

●「溶け合う心が私をこわす」すなわち、補完され、エデンに還り、魂が一つになると「私」という意識は消える。


よって

エデン=アダム・カドモン=混沌=原初の赤い海=生命のスープ=補完=LCL=肉体の無い世界=魂が一つになった状態=お互いが解りあえる世界=シンジが望んだ世界=幸せな世界=エデン


エデン(アダム・カドモン)への回帰=サードインパクト

が成り立つ。





ATフィールド

補完の反対がATフィールドである。

ATフィールド=誰でもが持っている心の壁

ATフィールド=Absolute Terror Field(絶対不可侵領域)

ゲンドウ、レイに「ATフィールドがおまえの肉体を維持できなくなる」

肉体を形づけるもの=ATフィールド=魂を隔絶するもの

である。

この逆に、肉体を原初の海へ戻そうとするもの、補完しようとするものは「アンチATフィールド」と呼ばれる。

マコト「アンチATフィールドの値が臨界点を超えます」(正確な台詞じゃないかも)

この直後に、皆補完されていった。

 我々の生命体が、本来は原初の海に溶け込んで一つになった状態(エデンに住む)であれば、その逆の肉体を持ったときには、他人と自分の魂に壁ができてしまい。他人にとっての自分が、自分には見えなくなってしまう。

 シンジが言うように「自分は、嫌われているのではないか?」とか、「自分は、いらない存在なのではないか?」という不安や悩みが生じてくる。

つまり「アダムとエヴァは、皮の衣を着せられてエデンを追放された」ということは、「ATフィールドによって肉体が形作られ、エデンである原初の海を追放された」ということなのである。

エデンにいない人間は、個々の持つATフィールドゆえに、悩んだり、悲しんだりする。

 このように、魂と魂とを隔絶し、誰でもが持っている心の壁、つまり、自分は、自分でしかなく、決して他人にはなれないという事実(私という意識)がATフィールドであると思われる。

だから、エントリープラグに入り、原初の海であるLCLにいるときは、心が落ち着く。

 自分は自分、他人は他人という厳然たる魂の現実こそが、ATフィールドであるとも言える。

※つまり、ここで言う「私という意識」とは、デカルトの言う「我思う。故に我あり。」の「我」と同義である。

 魂を隔絶するものがATフィールドであるならば、サルベージした魂を閉じ込めてあるコアも ATフィールドであると言える。

また、エントリープラグも、疑似的(まさにその名のごとくプラグ)に魂をコアで包んだ状態を作り出していると言える。

 もしかして、エヴァのパイロットとして母親のいない子供が選ばれる理由は、自分のからに閉じこもりやすく、ATフィールドを発生させやすいからか。

使徒も父であるリリスから生まれ、母なる存在アダムとの融合をするためにやってくる。そして、彼等はATフィールドを出せる。

 ということは、インパクトによって、生命がエデンの血の海に回帰したとき、ATフィールドも消える。私という意識も消え、お互いのいさかいや誤解も消える。

すなわち、お互いの心と心の隙間を埋めるもの。つまり、補完である。

まさに、シンジが望んだ世界である。 しかし、それは、人類にとって、群体としての死を意味する。


補完とATフィールドについてまとめると、以下のようになる。


補完=LCL=混沌=原初の赤い海=生命のスープ=肉体の無い世界=魂が一つになった状態=お互いが解りあえる世界=エデン=アダム・カドモン=シンジが望んだ世界=幸せな世界=アンチATフィールド

エデン(アダム・カドモン)への回帰=サードインパクト

ATフィールド=誰でもが持っている心の壁=Absolute Terror Field(絶対不可侵領域)=魂を隔絶するもの=肉体を形づけるもの=皮の衣=現実=苦しみ、悩み、不安など




※人は、神から愛を(AIOアイオ)もらった(本当は盗んだ)が、これも福音と呼ばれる。

この、神からもらった愛を(A10アイオ)神に還すとき、人はエデンに還る。しかし、人類にとって、それは死を意味する。

ちなみに、第26話の補完のシーンのBGMは、「甘き死よ、来たれ」という曲である。


そして、第26話の最後にLCLの海から出てきたアスカは、「気持ち悪い」と言う。

LCL=原初の海=生命のスープ=アダム・カドモン=エデン=気持ちの良い世界であり、

現実=肉体を持った世界=ATフィールド=気持ちの悪い世界である。
また、寓意としてのLCLの隠喩は、エヴァにはまった人達であり、心の通い合う世界にいる人達であり、現実逃避の世界にいる人達である。

だから、劇場が鏡の様に映し出され、「気持ちいいの?」と聞かれる。

※私は、一瞬「気持ちいいよ」と言おうかと思った。(^^;

ただ、監督の気持ちが解った今、これについては、否定も肯定もしないことにした。



 第弐拾弐話(昔、春エヴァにあった部分)では、アスカは浴槽を前にして「気持ち悪い」と言う。

第26話の最後でも、アスカは「気持ち悪い」と言う。

いずれも人とふれあうことを拒絶している。

そして、幼い日のアスカは言う。

「私は一人で生きていくの」




 

 

 

家庭教師 やってます。

美術教材総本舗
工芸・陶芸・画材・造形素材・工作キット・工具・電動工具・素材などの販売サイト。

オモイデ本舗
お客様から送っていただいた画像・マーク・文字から、オリジナルの記念品をお作りします。

自力塾
月々1,000円からの中学生通信教育。
決まった時間にPDF書類で配信します。
家庭教師
杉並区・世田谷区・練馬区・板橋区・中野区・武蔵野市・三鷹市・西東京市の家庭教師。

エヴァンゲリオンのカクシン
テレビ版から夏エヴァまでのエヴァンゲリオンについての解読論考です。
Adam-Kadmon著作集
邪馬台国東京説・記紀鎮魂書説の「さなな日本書紀」、「日本の方程式」など。
Mido-Kei作品集


 ここは、y-honpo株式会社が運営しているサイトです。

167−0041 東京都杉並区善福寺2−11−3 TEL:03−5382−1181 FAX:03−5382−1181