寓意編-1




 それにしても、聖書、聖書偽典、カバラ神秘学、グノーシス派、古代バビロニア神話、ミトラス教、道教、風水、言霊、量子力学、生物学、遺伝科学、ドイツ実存主義哲学、弁証法、二進法、集合、色彩学、だじゃれのすべてを駆使しないと解けないストーリーなんてあるのだろうか?


 もしかしたら、エヴァンゲリオンというストーリーは、ハードSF的、カルト的なモチーフでファンを引きつけておきながら、それを解いていくと、そこには、宗教的なものは消えて最終的には、言葉と数と色しか残らず、さらに、その奥には本当のテーマである「子離れできない母親」と「強い父」、そして「コミュニケーションのへたな子供」「嫌われたくないという強迫観念にとらわれる子供」「仲間はずれにされたくないという強迫観念にとらわれる子供」などの、現代社会が抱える問題点へのメッセージが込められているのではないだろうか?

庵野監督自身が、エヴァは科学や宗教ではないというコメントをインタビューで言っているが、「科学や宗教にのめり込んで解読すると騙されるぞ」=「科学や宗教は人を裏切るよ」というアイロニーなのではなかろうか。

 つまり…



プリクラの交換による交流

ポケベルやPHSによる友達獲得(ベルダチ)

友達は多いほうが善とされる誤った道徳感の蔓延

上の論理の持つアンチテーゼは

友達の少ない子は悪である

それによって引き起こされる差別といじめ

それに伴う疎外感への強迫観念

それによって引き起こされる仲間内の緊張感

鳴らない電話…

自分の殻に閉じこもる碇シンジ…



早い方が善、明るい方が善とされる誤った道徳感の蔓延

このアンチテーゼは、

遅いのは悪、暗いのは悪である

それによって引き起こされる差別といじめ

それに伴う疎外感への強迫観念

それによって引き起こされる仲間内の緊張感

暗いシンジと明るいアスカ…

良い子になろうとし、そして、それに疲れたミサト…



コミュニケーションの欠如

ケンカがヘタになった日本人

全員に好かれようとする誤った道徳感の蔓延

人に嫌われることは悪とする誤った道徳感の蔓延

それによって引き起こされる差別といじめ

それによって引き起こされる仲間内の緊張感

それに伴う疎外感への強迫観念

それによって自分が正しいと思ったことも言えなくなる社会

嫌われているのではないかと悩む碇シンジ…



群れへの依存と自閉の共存

ATフィールド…

エントリープラグ…

原初の海…

そして人類…



家族崩壊の孤独

ミサトの疑似家族…



不倫による三角関係

それによってもたらされる悲劇

アダムとエヴァとリリスなど…



薄れてゆくクローンの倫理

神と自然への冒涜…

人造人間エヴァンゲリオン…

綾波レイ…



世の中に蔓延する性の切り売り

ストーリー全体に流れる生命誕生の大いなるシナリオ…



なおざりにされる日本文化

活字を読まなくなった日本人

作文を忘れ、言葉の表現力の落ちた日本人

多用される漢字…

ネルフの温泉旅行…

ネルフ内の銭湯と富士山の絵…



作品を「読む」ことを忘れ、作品を娯楽としてしか捉えない日本人

多用される意味しんな台詞(セリフ)…

難解なストーリー…

動体視力に挑戦する速いコマ送り…



宗教アレルギーの日本人

あえて宗教をモチーフにしたストーリー…

あえて宗教について調べないと解けないストーリー…



知恵を獲得した人類

道具を使用する人類

機械を使用する人類

機械に使用される人類

停電したネルフ本部…

マギシステム…



コンピューターにたよる人類

コンピューターに裏切られる人類

人格OSマギシステム…



民主主義に対する日本人の誤解

民主主義には常に自己の責任が伴う

民主主義は未だ完成されていない

民主主義は矛盾をはらんでいる

多数決=民主主義ではないのに

これは「数による暴力」を意味する

この誤解が引き起こすマジョリティ優位の社会

つまりマイナリティは下位に置かれ、差別される

民主的とされるマギシステム…

多くの日本人が誤解しているが、
多数決=民主主義ではない。
フランス革命勃発後、民衆から選ばれた国民議会の議員は、七百数十名だった。
その半年後には、わずか60名前後にまで減る。
理由は、多数決によって、小数派は全員ギロチンにかけたからだった。
欧米人は、これによって、多数決が必ずしも正義ではないことを知った。
大衆の意見が必ずしも正義であるとも限らない。
エジソンは、選挙の投票を自宅にいながらスイッチで投票する機械を発明した。
しかし、州当局は、これを導入しなかった。
理由は、少数派の意見が見えにくくなり、これは民主主義に反するからだ、というものだった。
民主主義とは、みんなで話し合って決めること。みんなで決めたことは守ることである。
ただし、決め方には色々な方法があり、多数決、殴り合い、殺し合い、なじり合いなどさまざまであるが、いずれも暴力につながる。


女性の社会進出

むずかしい育児と仕事の両立

母親として

女性として

仕事人として

そしてカスパーは否定する

男と女の関係は、ロジックでは無いのだ。



「自由」に対する日本人の誤解

自由であるほど不自由なものはない(ニーチェ)

自由とわがままをとり違える日本人

自由には常に自己の責任が伴う

自由であっても満たされない心

物は満たされているのに

人は永久には生きられない

つまり不自由である

S2機関を持つ自由の天使タブリスは死と生が自由である…

なのに彼は自殺することができなかった…

人の気持ちをもてあそぶのも自由か?

「人間は基本的に自由である」という概念は、イギリスの啓蒙主義者ジョン・ロックによって提唱されたものである。
なぜ、人間が基本的に自由であるかというと、キリスト教の創造主から人間に与えられているからだということだ。
アメリカの合衆国憲法も、国民の自由の保証については、これを元にしており、創造主という言葉が明記されている。
欧米における「自由」も「権利」も「義務」も「民主主義」も「裁判」も「結婚」も基本となるベースは、キリスト教における神と人との契約をベースにしている。
もしも、あなたが本当に仏教徒や神道の信仰者であるならば、これらは無縁のものなのだ。


どこにいても自由なはずなのに

居場所を失った子供たち

ここにいてもいいの…



バーチャルペット

たまごっち

薄れていく生命感

リセットできる「生」

繰り返される綾波レイ…

全生命のリセット「人類補完計画」…

つまり、ゲームも郡体としての人類も、いきずまったらリセットできる。



死との共存を忘れた人類

死と(使徒)共存できない人類…

自然と共存しない子供たち

スイカを育てる加持リョウジ…

虫やカエルや魚と遊ばなくなった子供たち

虫やカエルや魚の死を知らない子供たち

魚は切り身の状態で泳いでいると思う子供たち

使徒を捕食するエヴァンゲリオン初号機…

動物は、本来、生きるために食う。

これが、人間の素体であり、本来の姿である。

しかし、我々はこのことを忘れている。

初号機がゼルエルを食うシーンで、我々はこのことを思い出す。

つまり、このシーンは初号機の覚醒シーンというだけではなく、見ている人間もまた、動物本来の姿に覚醒させられるのだ。

また、エヴァにおいては、食うのは電気で動く生命体である。

エヴァは、電気ケーブルを引きずりながら食べ、食べた後に電気ケーブルがいらなくなったのだ。

ここに最大のアイロニー(皮肉)がある。



ひよこやカエルを握りつぶして電池が切れたと思う子供たち

電気で動く生命体エヴァンゲリオン…

カヲルを握りつぶして悩むシンジ…

核家族化で老人の死に接しない子供たち

「死」に接しないから「生」の価値もわからない

子供から消えていく生の価値

だから、多発する青少年の暴力事件

寄生虫のいない子供の腹

それによって起こるアトピーとアレルギー体質

死と悪と毒との共存を避け

死と悪と毒の完全排除をしようとする日本人

死徒(使徒)殱滅…

抗菌商品の流行

O-157の流行

抵抗力を失った日本人

毒を持って毒を制す…

アンチテーゼは

毒が無いから毒に勝てない

使徒に打ち勝つには、同じ力を持つエヴァしかない…

人類が共存できないもの=使徒=ばい菌

裸でのシンクロテストのときチルドレンは17回も体を洗浄した。

17=ばい菌=使徒の数

また、

ミサトの住むマンションはコンフォート(快適な)17マンションである。



毒と共存できない人類

毒を持って毒を制す

毒が無いから毒に勝てない人類

しかし

一般人はそれに気付いていない

最も普通の人物として描かれる伊吹マヤ

彼女は潔癖性として描かれている

…と、なれば
残酷なシーンや性描写、リアルな心理描写などが盛り込まれた、いわば毒を持った作品であるエヴァの方が、実は健全なアニメで、バイキンをはじめから悪と断定している(幼児に絶大な人気の)某アニメの方が、実は教育上良くない作品であると言える。(あのアニメの方がエヴァよりも謎は多いぞ)
人間以外の動物は、歯を磨かないのに虫歯にならない。
砂糖を採らないからである。
虫歯の原因は、バイキンではなく、実は糖の方に原因があるのだ。
学者に言わせると、人類が発明した最大の毒物は砂糖であるらしい。
虫歯以外にも、糖尿病やいらいらなどのさまざまな病気を誘発するらしい。
医者に言わせると、薬はすべて毒であるという。
砂糖、塩、醤油、酢、金属、毒と呼ばれるもの、薬と呼ばれるもの、菌類など、すべて採りすぎたり、少なすぎたりすると毒であり、適量はすべて薬となるのだ。
つまり、世の中には、本来毒とか薬とかいうものはなく、バランスによって成り立っていると言えるのだ。
これは毒(悪)、これは薬(善)と決めつけたり、分類しようとする心こそが真の悪である。


子供至上主義の大人たち

「子供のためを思って…」

「子供の喜ぶ顔が…」

「子供の悲しむ顔が…」

しかし、それは大人の面目とプライドの裏返しである

「おれの面目をつぶしやがって!」と、本心をいう大人はもはやいない

「子供のためを思って…」それは大人の免罪符になる

子供は全て善で素晴しいものだという誤った認識の蔓延

このアンチテーゼは、大人は全て悪である

子供であることが無条件に善で、時間とともに無条件に悪にさせられる子供たち

甘やかされる子供たち

だから、子供は大人になりたくない

だから子供が目指すものも消えた

尊敬するべき大人も消えた

理想とするべき大人も消えた

目的も理想も希望も忘れた子供たち

目的もなくエヴァに乗る碇シンジ…

エヴァに乗ることで何とか目的を持つ惣流アスカ・ラングレー…



塾通い

ネルフ通い…

学校よりも塾が大事

学校教育の価値喪失

学校よりネルフが大事?

遊びによるコミュニケーションを忘れた子供たち

偏差値教育と知育偏重

シンクロ率…

序列社会と勝つことを使命とされる子供たち

使徒殱滅という使命…

今や見ることもないガキ大将

鈴原トウジ…



子離れできない大人たち

子供の顔色を伺う親や教師

子供に嫌われているのでは?という親や教師の強迫観念

それによって自立できない子供たち

それの生む登校拒否

コア…

アンビリカル ケーブル…



親の人形と化した子供たち

おけいこごと

早期英才教育

ゲンドウとレイ…



逆に、子供の言いなりになる親たち

エヴァパイロットとエヴァンゲリオン…



愛に飢える子供たち

愛を知らない子供たち

愛を(A10)介して母親とシンクロするエヴァパイロット…



人のイタミが解らなくなった子供たち

そのことが引き起こす

差別

いじめ(意と行動による暴力)

仲間はずれ(数による暴力)

暴言(言葉による暴力)

愛を(A10)介して痛みを感じるエヴァパイロットたち…

逃げちゃ駄目だ…



強い父への憧れ

子供が超えるべき父親像

碇ゲンドウ…

このようなタイプの父親は今やもういない



子供のために命を張って犠牲になった母

子供を守る母親

碇ユイ…

このようなタイプの母親は今やもういない




 

 

 

家庭教師 やってます。

美術教材総本舗
工芸・陶芸・画材・造形素材・工作キット・工具・電動工具・素材などの販売サイト。

オモイデ本舗
お客様から送っていただいた画像・マーク・文字から、オリジナルの記念品をお作りします。

自力塾
月々1,000円からの中学生通信教育。
決まった時間にPDF書類で配信します。
家庭教師
杉並区・世田谷区・練馬区・板橋区・中野区・武蔵野市・三鷹市・西東京市の家庭教師。

エヴァンゲリオンのカクシン
テレビ版から夏エヴァまでのエヴァンゲリオンについての解読論考です。
Adam-Kadmon著作集
邪馬台国東京説・記紀鎮魂書説の「さなな日本書紀」、「日本の方程式」など。
Mido-Kei作品集


 ここは、y-honpo株式会社が運営しているサイトです。

167−0041 東京都杉並区善福寺2−11−3 TEL:03−5382−1181 FAX:03−5382−1181